教育業界ニュース

VRとは【教育業界 最新用語集】

 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

ICT機器 その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

VRとは


読み


 ヴイアール

表記


 Virtual Reality、バーチャルリアリティ、仮想現実

分類


 技術

ひとことで言うと


 「その場にいないのに、その場にいるように思わせるIT技術。ゴーグル型ディスプレイで急速に進化中」

解説


 「VR」(バーチャルリアリティ)は、“その場にいないのに、まるで、現実にそこにいるように思わせる技術”のことだ。日本語では「拡張現実」と呼ばれている。その概念自体は古く、1960年代に萌芽し、1990年代にはすでに実機も作成されている。近年のVRは、「HMD」(ヘッドマウントディスプレイ、ゴーグル型ディスプレイ)を使い、3Dとセンサー技術により、さらに没入感のある映像体験ができるものが主流だ。

 「そこにいないのに、あたかもいるように思わせる」ということであれば、映画などもVRの一種といえるが、映画では、自分が振り返ったら、映像が見えなくなる。鍵となるのは“没入感”であり、近年のVRは、センサー技術などを駆使することで、映像が自分の動きに追従するので、さらにリアルな感じが高い。

 360度映像を頭の向きに応じて表示する「VR向けHMD」は、「Oculus Rift」「HTC Vive」「PlayStation VR」などが2016年に集中して発売されるなど、一気にVRが注目を集めるようになった。ゲームセンターやアミューズメント施設での採用も進んだ。今後は視覚・聴覚だけでなく、触覚・嗅覚・味覚などに訴えかけるVRの登場が予想されている。

 なお、似た単語に「AR」(拡張現実)がある。VRに似ているが、“そこにない現実”ではなく“現実に情報を付け足す”という使われ方が特徴。たとえばARでは、現実の風景をゴーグル越しに見たときに、説明テキストを付け足したり、キャラクターを表示させたりといったものがある。

関連用語


 AR、HMD

最終更新日:2016年5月29日(リセマム「教育ICT用語」より転載)
《冨岡晶》
冨岡晶

冨岡晶

フリーの編集者/ライター/リサーチャー。芸能からセキュリティまで幅広く担当。

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top