教育業界ニュース

【ウェビナー11/19】オンライン定期テストの利点と課題、広尾学園 木村健太氏ら登壇

 リシードは「Virtual 教育ICT Expo 2021」の一環としてAvePoint協賛のもと2021年11月19日、中学校・高等学校の教職員を対象にウェビナー「オンライン定期テストの利点と課題」を開催する。

イベント 教員
【ウェビナー11/19】オンライン定期テストの利点と課題、広尾学園 木村健太氏ら登壇
  • 【ウェビナー11/19】オンライン定期テストの利点と課題、広尾学園 木村健太氏ら登壇
 リシードは「Virtual 教育ICT Expo 2021」の一環としてAvePoint協賛のもと2021年11月19日、中学校・高等学校の教職員を対象にウェビナー「オンライン定期テストの利点と課題」を開催する。

 コロナ禍で実施されたオンライン定期テストについて、実施校として注目された広尾学園中学校・高等学校 医進・サイエンスコース統括長の木村健太氏に事例を紹介いただき、その利点と課題について考える。また、教育ICTを積極的に活用してこられた英数学館中・高等学校 副校長で岡山理科大学附属高等学校 通信制課程 副教頭の土屋俊之氏、埼玉県立川口高等学校の伊藤博之氏を迎え、ディスカッションしていただく。視聴者の皆さんからも意見をいただき、議論を深めていく予定だ。

 AvePointは、最新のMicrosoftテクノロジーに基づいたオンライン学習プラットフォーム「EduTech」を紹介。AIと自動化による最先端の試験監督技術で、安心安全なオンライン試験を実現。さらに、Microsoft Teamsに基づく SaaS学習管理システムを通して、学生と教職員に魅力的な学習体験を提供している。

オンライン定期テストの利点と課題


登壇者


木村健太氏
 広尾学園中学校・高等学校 医進・サイエンスコース統括長、同 評議員、情報経営イノベーション専門職大学 客員教授、特定非営利活動法人遺伝カウンセリング・ジャパン 理事、一般社団法人 STEAM JAPAN 理事、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議委員、経済産業省「未来の教室」委員、同 産業構造審議会 委員、科学技術振興機構 ジュニアドクター育成塾 推進委員、東京都科学の甲子園:TOKYOサイエンスフェア 運営委員などで活躍。

土屋俊之氏
 英数学館中・高等学校(国際バカロレアDP認定校)副校長/岡山理科大学附属高等学校 通信制課程(R2 Hybrid School)副教頭。教職22年目。英語科。都内私立中高一貫校の管理職としての15年間を経て2020年4月より現職。注力するのは、グローバル教育(特に留学)および中高学校現場と社会(学外)を繋げる学びによる生徒の非認知能力の向上促進。近年は、全日制課程と通信制課程の長所を合わせ持つICTベースのハイブリッド型の教育体系の確立を目指す。

伊藤博之氏
 埼玉県立川口高等学校 国語科教員。校務でのICT活用の傍らGoogle認定トレーナーの資格を取得し、Google Educator Group Urawaの運営を通して、教育におけるICT推進に努めている。

AvePoint 金籠真理氏

イベント概要


日時:2021年11月19日(金)19:30~21:00
 19:30~20:00 木村健太氏「オンライン定期テストの利点と課題」(仮)
 20:00~20:15 AvePoint 金籠真理氏「教育向けSaaS『EduTech』で実現するオンライン試験」
 20:15~21:00 パネルディスカッション(木村健太氏・土屋俊之氏・伊藤博之氏・金籠真理氏)
対象:中学校・高等学校の教職員(その他の方も参加可)
参加費:無料
形式:Zoom(ウェビナー)
※あらかじめZoomアプリをダウンロードして、サインアップ(登録)しておくことを推奨します。
申込方法:下記のボタンのリンク先フォームより申し込む。
※申込直後に、参加用URLをメールにてお送りしますのでご確認ください。届かない場合は、迷惑フォルダ等もご確認ください。


お問合せ:こちらのフォームからお問い合わせください。
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top