教育業界ニュース

Chromebook導入中学校が、納品当日に利用開始できた理由と加速する活用<アーカイブ>

 琉球大学教育学部の岡本牧子准教授より「GIGAがスタートして、見え始めた現状」を紹介。さらに、導入から僅かな期間で利活用が進んでいる沖縄県東村や琉球大学教育学部附属中学校の事例が紹介されたウェビナーをアーカイブ配信する。

事例 ICT活用
Chromebook導入中学校が、納品当日に利用開始できた理由と加速する活用<アーカイブ>
  • Chromebook導入中学校が、納品当日に利用開始できた理由と加速する活用<アーカイブ>
 GIGAスクール構想により多くの学校で導入されたChromebook、その利活用はどのように進んでいるのだろうか。

 リシードはデル・テクノロジーズ協賛のもと2021年6月16日、「Virtual教育ICT Expo 2021」の一環として、Dell Chromebookを導入し納品当日には利活用を開始した沖縄県東村立東中学校の大嶺はづき教諭(音楽)、銘苅大元教諭(技術家庭)、国立大学法人琉球大学教育学部で教育ICTの研究をする岡本牧子准教授、元教員で学校現場のICT導入を支援するプラズマ代表の飯塚悟氏を招き、ウェビナー「協奏が生み出すChromebookの日常~子供と教師が創造する多様な学び~」を開催した。

 東中学校は、沖縄県国頭郡東村に位置する中学校で、GIGAスクール構想により生徒用に「Dell Chrome 2-in-1」、先生用に「Dell Chromebook for Enterprise」を導入。1クラスの生徒数が最大20名程度という小規模校ではあるが、納品当日より利用開始したことで注目される。

 本ウェビナーでは、沖縄の公立学校がお手本としている琉球大学教育学部の岡本牧子准教授より「GIGAがスタートして、見え始めた現状」を紹介。さらに、導入から僅かな期間で利活用が進んでいる沖縄県東村や琉球大学教育学部附属中学校の事例を交え「GIGAの困難の中で、芽生え始めた明るい兆し」へと展開した。

ウェビナー概要


登壇者


 国立大学法人琉球大学教育学部 岡本牧子准教授
 沖縄県東村立東中学校 大嶺はづき教諭(音楽)/銘苅大元教諭(技術家庭)
 株式会社プラズマ 代表 飯塚悟氏
 デル・テクノロジーズ株式会社 飯塚祐一氏

講演


・00:00:00~ デル・テクノロジーズが考えるGIGAスクール
・00:05:10~ 登壇者紹介~GIGAスクールの現状
・00:27:00~ 琉球大学教育学部の取組み
・00:36:53~ 東中学校の取組み
・00:52:15~ 琉球大学附属小中学校の取組み
・01:01:50~ 質疑応答

協奏が生み出すChromebookの日常~子供と教師が創造する多様な学び~


《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top