教育業界ニュース

【クレーム対応Q&A】子供が家庭学習を嫌がる

 親が子供との関わりにおいて苦労するものに「家庭学習」があります。家庭には、テレビ、ゲーム、スマホ等、子供にとってさまざまな楽しみがあり、学習に取り組むということは難しいことである場合もあります。今回のテーマは「子供が家庭学習をやりたがらない」です。

事例 その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 学校に寄せられるさまざまなクレーム。保護者や地域からのクレームに先生はどのように対応するのが良いだろうか?クラス担任として豊富な経験がある鈴木邦明氏に、学校へ寄せられるさまざまなクレームに対応する際のポイントを聞いた。第43回は「子供が家庭学習をやりたがらない」。

家庭学習の意味を考える


 親が子供との関わりにおいて苦労するものに「家庭学習」があります。宿題やそれ以外の学習も含めた家庭で取り組む学習に関することです。家庭には、テレビ、ゲーム、スマホ等、子供にとってさまざまな楽しみがあります。そういった状況において、学習に取り組むということは難しいことである場合もあります。

 私は約20年間、小学校の教員をしていました。学校の宿題等に関して、子供に対する親のさまざまな関わり方を見てきました。たとえば、ある宿題で途中までは子供の字であったものが、途中から大人の字(親が代わりに書いた)になっていたということを経験したことがあります。1回は夏休みの自由研究で、もう1回は日々の漢字の練習です。「宿題を出す」ということは大事なことなのですが、親が子供の代わりにやり、それを提出するということは、子供にとってどういった意味合いがあるのだろうと考えてしまいました。「宿題を出す」ということをきちんとさせたいという親心だったと思うのですが、それが子供の学び・育ちになっていたかというと疑問が残ります。

 宿題を含めた家庭学習に関して、うまくいかないことがあった場合、無理やり取り組ませるということはあまりオススメできません。また、子供も目の前に何らかの報酬(宿題をやったら、〇〇ができる)を設定するようなやり方もあまり良くないと考えています。私は「やらされている」勉強と「自らやっている」勉強では、学びの質に10倍くらいの差があると考えています。大事なことは、子供がその学び(宿題等)が必要だと自ら感じ、取り組むようになることです。

 そのためには、少し手間が掛かるのですが、「なぜ家庭学習が必要なのか」を子供が考えることです。宿題等の家庭学習に積極的に取り組まない子供に対し、「なぜ家庭学習に取り組む必要があるのか?」という問いを投げ掛けるのです。

子供が自分で考えていくことに意味がある


 これは家庭学習に関することだけではありません。学習全般に関することにも当てはまります。私は小学校の学級担任をしている時、新しいクラスを担当した際には、少し時間を掛けて「なぜ学ぶ必要があるのか?」ということを考えることをしていました。4月の段階で、一度そういったことを考えることが、結局はプラスに働きます。こういったことを考える際には、教師や親が自分の考え等を伝えることはあまりしない方が良いです。時間がかかっても、子供自身が自分で考えていくことに意味があります。

 親が家庭学習に関して色々と困っているという話をしてきた際には、私は上記のようなことを伝えていました。実際に親が取り組むには親の忍耐力が必要になる場合もあります。親が思っていることを子供に押し付けるのではなく、子供が自分で考えていくことに意味があります。そういった親子の関わりの中で、子供も親も少しずつ育っていくのだと思います。

 本企画では、読者の皆さまからの質問を受け付けています。下記のボタンをクリックして表示されるフォームより送信ください。実際に学校へ寄せられたクレームのほか、保護者が学校へ伝えたクレーム等、鈴木先生に対応方法を聞いてみたいクレーム事例を募集します。

質問をする
鈴木 邦明(すずき くにあき)
平成7年 東京学芸大学教育学部 小学校教員養成課程理科専修卒業。平成29年 放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了。神奈川県横浜市、埼玉県深谷市で計22年、小学校教諭として勤務。現場教員として子供たちの指導に従事する傍ら、幼保小連携や実践教育をテーマとする研究論文を多数発表している。こども環境学会、日本子ども学会など、多くの活動にも関わる。平成29年4月からは小田原短期大学特任講師、平成30年4月からは帝京平成大学講師として、子供の未来を支える小学校教諭、幼稚園教諭、保育士などの育成や指導に携わる。近著に「オンライン、ソーシャルディスタンスでできる 学級あそび&授業アイスブレイク」(明治図書)がある。
《鈴木邦明》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top