教育業界ニュース

CO2センサー搭載「学校用ロスナイ天吊露出形」三菱電機

 三菱電機はCO2センサーを搭載した「学校用ロスナイ天吊露出形」2機種を2021年4月20日に発売。室内空気質の評価に用いられるCO2濃度を検知して、換気風量を自動で切り替えることで効果的な換気を実現し、教室内の空気質の改善に貢献する。

教材・サービス その他
学校用ロスナイ天吊露出形
  • 学校用ロスナイ天吊露出形
  • 年間電気代比較
  • 菌、ウイルスおよびアレル物質を抑制する仕組み
 三菱電機はCO2センサーを搭載した「学校用ロスナイ天吊露出形」2機種を2021年4月20日に発売。室内空気質の評価に用いられるCO2濃度を検知して、換気風量を自動で切り替えることで効果的な換気を実現し、教室内の空気質の改善に貢献する。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて換気の重要性が高まる中、文部科学省から学校における換気について、多数の児童が在席する教室の場合は「気候上可能な限り常時、困難な場合はこまめに2方向の窓を同時に開けて行うよう」との指針が出ている。一方、真夏や真冬に窓を開けて換気を行うと、教室内の温度環境悪化に伴う空調負荷増加により電気代が上昇するなど、常時、窓開け換気を行うことは難しい状況となっている。

 「学校用ロスナイ天吊露出形」は、高機能熱交換型換気設備の新製品。自然給気とファンによる排気の従来型換気システムと比べ、給気・排気ともにファンにより行うことで、より効率的な換気が可能で、熱交換により温度変化を抑制する。

 特徴として、CO2濃度に応じて換気風量を自動で切り替え、教室内の空気質を効率的に改善。必要以上の換気を抑制し、エアコンなどの空調機の負荷を低減する。CO2濃度に応じた換気風量の自動切り替え制御に対応していない従来品と比べ、空調機とあわせた電気代が年間で約23%も削減できるという。また、検知したCO2濃度に応じてLEDランプの表示が切り替わり、教室内の換気状況を見える化した。

 そのほか、人工酵素が含まれた「アレル除菌フィルター」(別売)で、菌、ウイルスおよび花粉などのアレル物質の活動を抑制。フィルター表面を清潔に保つことにより、フィルター交換時の感染リスクも軽減する。

 「学校用ロスナイ天吊露出形」の事業者向け積算見積価格は、SCH-40EXCが31万4,000円(税別)、SCH-50EXCが37万2,000円(税別)。発売は4月20日。問い合わせは、三菱電機中津川製作所。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top