教育業界ニュース

横浜4大学フォーラム「オンライン授業の実施状況・課題・展望」12/5オンライン開催

 横浜市内の4大学(神奈川大学・関東学院大学・横浜国立大学・横浜市立大学)は2020年12月5日、オンラインにて「ヨコハマFDフォーラム」を開催する。多くの大学で導入された「オンライン授業」に関する4大学の経験や知見を共有し、議論を進める。参加は無料。

イベント 教員
 横浜市内の4大学(神奈川大学・関東学院大学・横浜国立大学・横浜市立大学)は2020年12月5日、オンラインにて「ヨコハマFDフォーラム」を開催する。多くの大学で導入された「オンライン授業」に関する4大学の経験や知見を共有し、議論を進める。参加は無料。

 FD(Faculty Development)活動の連携に関する包括協定を締結する神奈川大学・関東学院大学・横浜国立大学・横浜市立大学は、過去5回にわたりフォーラムを実施。学習意欲、大人数授業、学生調査、アクティブラーニング、地域連携教育(PBL)など、FDに関する“王道”ともいうべき中心的なトピックを議論してきた。FDは教職員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取り組みの総称で、教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催などをFD活動と呼ぶ。

 今回のテーマは、「横浜4大学におけるオンライン授業の実施状況・課題・展望~学生とともに考えるウィズ&ポストコロナの大学授業~」。新型コロナウイルス感染症の影響によって「新しい生活様式」が求められる現在において、多くの大学で導入された「オンライン授業」に関する4大学の経験や知見を共有し議論を進める。対象は、大学教育に関心のある学生、教員、職員、一般企業など。

 フォーラムは2部構成で、第1部は各大学が教職員と学生による実践報告を行う。横浜国立大学は、高大接続・全学教育推進センターの安野舞子准教授が「学生・教員アンケート結果に基づく春学期オンライン授業の実態と課題」について解説する。また、同大学の学生は「学生主導アンケートから見えた生の声と、新しい学生生活についての提言」を紹介する。第2部は情報および意見交換会として、参加者によるグループワークを行う。

 第1部の定員はないが、第2部はオンライングループワークのため先着200人となっている。申込みはWebサイトから行う。開催はZoomを利用する。申込締切は12月1日。申込後、開催日の前日までにZoomのURLをメールアドレスに送信する。参加は無料。問合せは主催校の関東学院大学。

◆ヨコハマFDフォーラム「横浜4大学におけるオンライン授業の実施状況・課題・展望~学生とともに考えるウィズ&ポストコロナの大学授業~」
日時:2020年12月5日(土)13:00~16:30
場所:Zoomを利用して開催
対象:大学教育に関心のある学生、教員、職員、一般企業など
定員:第1部はなし、第2部は200人(先着)
申込方法:Webサイトから申し込む
申込締切:12月1日(火)
参加費:無料
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top