教育業界ニュース

関学「競技スポーツ局」創設、体育会の課外活動を正課外教育へ

 関西学院大学は2021年4月、これまで課外活動であった体育会活動を正課外教育として位置付け、その活動を支援するための新たな組織「競技スポーツ局(KGAD:Kwansei Gakuin University Athletic Department)」を創設した。4月20日時点で8団体10チームが加盟している。

事例 企業×学校
関西学院大学競技スポーツ局(KGAD)
  • 関西学院大学競技スポーツ局(KGAD)
  • 競技スポーツ局(KGAD)創立記者会見のようす
 関西学院大学は2021年4月、これまで課外活動であった体育会活動を正課外教育として位置付け、その活動を支援するための新たな組織「競技スポーツ局(KGAD:Kwansei Gakuin University Athletic Department)」を創設した。4月20日時点で8団体10チームが加盟している。

 大学におけるスポーツ活動は、おもに「体育会」とその傘下の各競技団体が独自の規則などに則って管理運営しており、正課とは一線を画した「課外活動」と位置付けられてきた。一方、近年の高等教育研究において、多くの学生が社会で必要とされる汎用的能力を課外活動によって身に付けていることが示されており、大学には知識修得だけでなく、学生の汎用的能力の育成や価値観・倫理観等の資質の養成が求められているという側面が明確にある。

 こうした背景から、関西学院創立150周年を迎える2039年を見据えた超長期ビジョンと長期戦略からなる将来構想「Kwansei Grand Challenge 2039」において、学生の自主性を尊重しつつ、従来の課外活動を大学教育の一環として「正課外教育」と位置付け直し、大学のもと学生スポーツ活動を統括する組織として「競技スポーツ局」の創設が決定された。

 「競技スポーツ局」では、今後正課外教育を実現するために、クラブ活動を自ら目標を掲げて指導者や仲間とともに努力を重ね、練達する過程でチームワークやリーダーシップ、問題発見・解決能力等の汎用的能力を獲得する教育的価値の高いプログラムとして再構築する。また、クラブ活動に関する教養(当該スポーツ・文化の歴史、哲学、社会学、心理学、マネジメント等)、キャリア形成支援、ボランティア・地域貢献、国際交流支援等のプログラムの開設を、既存の教育分野と調整しながら実現していくという。

 「競技スポーツ局」の運営は、MBSメディアホールディングスのグループ会社でスポーツビジネスを手掛けるMGスポーツの協力のもと行う。学生と保護者、同窓生等の関係者、地域や企業といったステークホルダーを繋げるWebプラットフォームを制作し、競技スポーツ活動をコンテンツとして配信して行くことを手がかりに、これまでの知見を生かして「競技スポーツ局」の運営をサポートする。

 4月21日には、関西学院大学・西宮上ケ原キャンパスの関西学院会館にてKGADの創設記者会見を実施。会見には4月1日段階で加盟した6団体7チームに、4月20日に加盟が承認された2団体3チームも加わり、計8団体10チームの主将ら学生たちが参加。加盟資格を有する団体は43部および応援団総部3部あり、今後は各部から申請があり次第審査のうえ加盟を認めるという。

 「競技スポーツ局」では、これまでの各部の自主的な取組みを尊重すると共に、加盟する競技スポーツ団体が協力しあい、キャンパスライフを支えてくれる地域に貢献する活動の意義を学生と共に考え、地域に愛される大学スポーツの実現に資する取組みを行っていくとしている。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top