教育業界ニュース

文科省がデジタル化推進本部設置…教育・科学技術WGも

 文部科学省は2020年9月25日、教育におけるデジタル化・リモート化などを推進するため、文部科学省デジタル化推進本部を設置した。今後は、本部内に教育と科学技術の2つのワーキングも設置し、文部科学行政のデジタル化推進を目指していく。

教育行政 文部科学省
 文部科学省は2020年9月25日、教育におけるデジタル化・リモート化などを推進するため、文部科学省デジタル化推進本部を設置した。今後は、本部内に教育と科学技術の2つのワーキングも設置し、文部科学行政のデジタル化推進を目指していく。

 新型コロナウイルスへの対応において、国や自治体のデジタル化の遅れ、不十分なシステム連携に伴う行政の非効率、煩雑な手続きや給付の遅れをはじめとする住民サービスの劣化など、デジタル化についてさまざまな課題が浮き彫りになったことを受けて、政府はデジタル庁の創設を決定。文部科学省では、政府一体でデジタル化を推進するとの総理指示や、新型コロナウイルス対策で明らかになった文部科学行政の課題を踏まえ、教育・科学技術・スポーツ・文化の各分野におけるデジタル化を迅速かつ強力に推進するため、デジタル化推進本部の設置を決めた。

 デジタル化推進本部の推進事項は、「教育におけるデジタル化・リモート化の推進」「デジタル社会を駆動する先端科学技術の推進とその実装による新産業創造・社会変革の推進」「その他文部科学行政におけるデジタル化の推進のために必要な事項」の3点。萩生田光一文部科学大臣を本部長とし、省内の関係局長らで構成。教育ワーキンググループと科学技術ワーキンググループも設置する。

 9月25日に開かれた初会合では、9月23日のデジタル改革関係閣僚会議の資料や動向も共有しながら、デジタル化の現状と課題を確認した。デジタル改革関係閣僚会議では、新型コロナウイルス感染症拡大によって浮き彫りとなったデジタル化への教育分野の課題として、オンライン教育に必要な基盤やノウハウの不足などをあげている。

 9月25日に会見した萩生田大臣は「デジタル化によって目指すべき姿や克服すべき課題、課題解決の方策や関係省庁との連携の方向性等を具体的に深掘りし政府全体の動向も見据えつつ、スピード感をもって対応してまいりたい」と語った。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top