教育業界ニュース

高2から10年間追跡「学校と社会をつなぐ調査」9/18オンラインイベント

 河合塾は、学校教職員など教育関係者を対象としたイベント「いま、学校と社会をつなぐとは」を2021年9月18日にオンラインで開催する。

イベント 教員
高2から10年間追跡「学校と社会をつなぐ調査」9/18オンラインイベント
  • 高2から10年間追跡「学校と社会をつなぐ調査」9/18オンラインイベント
 河合塾は、学校教職員など教育関係者を対象としたイベント「いま、学校と社会をつなぐとは」を2021年9月18日にオンラインで開催する。

 このイベントは、河合塾教育研究開発部と学校法人桐蔭学園理事長の溝上慎一氏が2013年から10年間にわたり共同で行っている「学校と社会をつなぐ調査」プロジェクトの一環として実施するもの。

 「学校と社会をつなぐ調査」は、2013年当時高2生だった生徒たちの社会人3年目までを追跡調査するもので、その後どのような成長をたどったか、これまでの調査を振り返りつつ、2021年秋に予定される最終調査に向けて、高校、大学、仕事・社会のつながりの中、これからの学校教育に求められる役割について、溝上慎一氏と、高校2年時の調査分析協力者である立命館大学産業社会学部教授の柏木智子氏が振り返る。また、品川女子学院理事長の漆紫穂子氏による、生徒と社会をつなぐ学校づくりに関する基調講演を通じて、学校から社会へのトランジションについて議論を深めるという。

 なお、2018年の大学4年時に実施した調査からは「高校2年時から大学4年時までの間で、生徒の資質・能力は大きくは変化しない」ことなどが明らかになったという。これにより「高校段階までの間に資質・能力を育てておくことの重要性が示唆されています」としている。

いま、学校と社会をつなぐとは


日時:2021年9月18日(土)14:00~16:40
対象:中学校・高校教職員、大学教職員、企業の人材育成担当者の方
参加方法:Zoom ウェビナー
募集定員:300名 ※定員に達し次第締切
参加費:無料
申込み方法:Webサイト(記事下関連リンク)より申し込む
申込期限:2021年9月6日23:59
プログラム(予定):
1 イントロダクション
 溝上慎一氏(桐蔭学園 理事長)
2 基調講演「子どもの未来と社会をつなぐ、これからの学校教育のあり方」
 漆紫穂子氏(品川女子学院 理事長)
3 調査分析報告「学校と社会をつなぐ調査から見えてきた、教育を考えるポイント」
 柏木智子氏(立命館大学 教授)、溝上慎一氏
4 ディスカッション
5 まとめ「最終調査に向けて」
 溝上慎一氏
《田村麻里子》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top