教育業界ニュース

文科省初等中等教育局、非常勤職員1名を募集

 文部科学省は2022年6月3日、文部科学省初等中等教育局非常勤職員(期間業務職員)の採用について発表した。採用期間は2022年8月1日から2023年3月31日(予定)。採用予定数は1人。応募締切は6月23日(必着)。

教育行政 文部科学省
文部科学省初等中等教育局非常勤職員(期間業務職員)採用のお知らせ
  • 文部科学省初等中等教育局非常勤職員(期間業務職員)採用のお知らせ
  • 文部科学省
 文部科学省は2022年6月3日、文部科学省初等中等教育局非常勤職員(期間業務職員)の採用について発表した。採用期間は2022年8月1日から2023年3月31日(予定)。採用予定数は1人。応募締切は6月23日(必着)。

 採用の職名は事務補佐員(非常勤職員・期間業務職員)。採用予定数は1人。集計業務、文書作成、書類整理、電話対応等、初等中等教育局が行う事務の補助業務等を担当する。

 採用期間は2022年8月1日から2023年3月31日(予定)。年度契約で、勤務実績等に応じて最大3年間の任用更新可(現在、文部科学省で非常勤職員として勤務している者は最大2年間)。

 勤務日は月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)。勤務時間は、午前9時半~午後6時15分(正午から午後1時は休憩時間)。採用から6か月経過以降は、年次有給休暇が取得できる。日給は8,091円~1万827円。月額は約16万1,800円~21万6,500円程度(月平均労働日数20日)。学歴、経験年数等を勘案し決定する。諸手当として、通勤手当、住居手当、超過勤務手当あり。健康保険・厚生年金保険・雇用保険に加入。

 応募は、履歴書(写真貼付)と職務経歴書(様式任意)を文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課総務係宛てまで、郵送またはメールにて提出。応募締切は6月23日(必着)。

 選考は、書類審査・面接による総合的な審査を経て行う。応募者多数の場合には、書類審査(第一次審査)通過者について面接(第二次審査)を実施する。なお、新型コロナウイルス感染症の状況や応募者の個別事情等により、面接をオンライン形式で実施する場合がある。面接は6月30日の予定で、日時等については、別途担当より連絡する。

 審査の結果、採用となると、3か月以内の健康診断書、最終学歴の卒業を証明する書類(卒業証明書等)・職歴を証明する書類(在職証明書等)等を短期間で準備し、採用後は、個人番号(マイナンバー)カードを身分証として使用するため、あらかじめカード取得の手続きをする必要がある。詳細は、文部科学省Webサイトで確認できる。

◆文部科学省初等中等教育局非常勤職員(期間業務職員)採用
職名:事務補佐員(非常勤職員、期間業務職員)
採用期間:2022年8月1日(月)~2023年3月31日(金)
※年度契約、勤務実績等に応じ任用更新可(最大3年間、現在文部科学省で非常勤職員として勤務している者は最大2年間)
採用予定数:1人
業務内容:初等中等教育局が行う事務の補助業務等
応募資格:
・日本国籍を有する者
・高等学校卒業以上またはそれと同等以上の学力を有する者
・パソコンでエクセル、一太郎(またはワード)、パワーポイントの操作ができる者
・在学中の者は不可(夜間または通信による教育を行う学部・研究科等に在籍し、教育上支障ないと認められる者は除く)
勤務日:月曜日~金曜日
※休日(祝日、年末年始)を除く
勤務時間:月曜日~金曜日9:30~18:15(休憩時間12:00~13:00)
※業務の都合により超過勤務が生じる場合がある
勤務場所:文部科学省初等中等教育局(東京都千代田区霞が関3-2-2)
休暇:年次有給休暇あり(採用から6か月経過以降)
日給:8,091円~1万827円
月額:約16万1,800円~21万6,500円(月平均労働日数20日)
※学歴、経験年数等を勘案して決定
※諸手当として通勤手当、超過勤務手当あり
応募締切:2022年6月23日(木)必着

21世紀の教育 子どもの社会的能力とEQを伸ばす3つの焦点
¥1,540
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top