教育業界ニュース

新型コロナウイルスの差別・偏見をなくそうプロジェクト…文科省

 文部科学省は、「新型コロナウイルス“差別・偏見をなくそう”プロジェクト」を発足した。感染症に対する不安から陥りやすい差別や偏見などについて考えるきっかけとなるような啓発動画や関連資料などを作成し公開。教材利用申込は2020年11月30日まで受け付けている。

教育行政 文部科学省
 文部科学省は、「新型コロナウイルス“差別・偏見をなくそう”プロジェクト」を発足した。感染症に対する不安から陥りやすい差別や偏見などについて考えるきっかけとなるような啓発動画や関連資料などを作成し公開。教材利用申込は2020年11月30日まで受け付けている。

 新型コロナウイルス感染症の影響が全国的に拡大し、学校においても感染者の発生が継続している。このような状況下で、感染者やその家族、完治した人や感染症に関わる人に対する接し方について、改めて子どもたちに考えてほしいという思いから、「新型コロナウイルス“差別・偏見をなくそう”プロジェクト」が発足した。

 啓発動画は、日本赤十字社が発信している「3つの感染症」の考え方を参考に作成。実際に子どもたちの周りで起きている新型コロナウイルスに関する「差別・偏見」の具体的事例をあげ、なぜこのような「差別・偏見」の行動や考えが生まれてしまうのかを考える。また、“病気・不安・差別”という「3つの感染症」の拡大を止めるために自分には今何ができるのか、不安を感じたらどうすればいいのか、感染症になった人・感染症と関わる人とどのように接するべきなのかを考えられる内容になっている。

 動画を通じて子どもたちが考えた結果を適切に行動に結びつけられるよう、ワークシートや授業用教材など、学校での指導に活用できる関連資料もあわせて公開されている。また、授業内容を保護者にも共有し、協力を促す保護者向けのプリントや、学校掲示用のポスターデータなども制作し、啓発活動を展開していく。

 教材の利用には申込みが必要。学校向け教材一式は、各教育委員会からの事務連絡、または企画制作受託会社ARROWSから各学校宛てに送付されるFAXやDMから申し込むことができる。申込締切は11月30日。
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top