教育業界ニュース

ソニー、先端技術を活用したピアノ教育プログラム展開

 ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は2020年8月1日より、10代のピアニストを対象とした身体教育と芸術教育を包括的に提供するアカデミープログラムを展開する。

ICT機器 その他
持続可能な音楽表現の進化
  • 持続可能な音楽表現の進化
  • ソニーコンピュータサイエンス研究所
 ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は2020年8月1日より、10代のピアニストを対象とした身体教育と芸術教育を包括的に提供するアカデミープログラムを展開する。

 10代のピアニストを対象としたアカデミープログラムは、音楽芸術活動に携わるアーティストの成長を支援する「ミュージック・エクセレンス・プロジェクト」の初の取組みとして実施。ピアニストが練習過程で身体を痛めたり、心理不安を発症し、音楽家として演奏活動の継続が困難となったりするような心身の課題から早期に解放されて、音楽表現の探求に専念できるようにすることを目的に、「身体教育」と「芸術教育」をあわせて実施する。

 「身体教育」では、脳や身体の働き(機能)や適切な身体の使い方(技能)、効果的な練習法、怪我や心理不安の予防法などが学べる。先端テクノロジーを活用し、高精度センシングシステムを用いた受講生の動きの癖や演奏中の姿勢、感覚運動機能などの認識を促す。また、科学研究の成果に基づく効率の良い暗譜の方法や不要な力みの回避方法などを指導する。

 「芸術教育」は、世界的ピアニストのディーナ・ヨッフェ氏をミュージカル・ディレクターに迎えた国際水準の教育を国際舞台での経験豊富な6名のピアニストと共に提供。演奏と指導の両面で長年にわたり国際的に高い評価を得ているディーナ・ヨッフェ氏から直接学ぶ機会を通じて、10代のピアニストが音楽表現を磨くことを支援する。

 すでに受講生(一期生)として、9人のメンバーがオーディションを経て選考された。受講期間は、2020年8月から2021年5月を予定している。なお、次回のオーディション開催は未定。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top