教育業界ニュース

塾向けICT教材「aim@」使い放題プラン、9/1提供開始

 メイツは2021年9月1日、教育機関向け学習プラットフォーム「aim@(エイムアット)」のすべてのオリジナルコンテンツを利用できる使い放題プランの提供を開始する。1教室あたり1万780円(税込)から利用できる。

教材・サービス その他
生徒それぞれの学習課題に応じて対策を強化することが可能
  • 生徒それぞれの学習課題に応じて対策を強化することが可能
  • 活用場面
  • aim@搭載コンテンツ
 メイツは2021年9月1日、教育機関向け学習プラットフォーム「aim@(エイムアット)」のすべてのオリジナルコンテンツを利用できる使い放題プランの提供を開始する。1教室あたり1万780円(税込)から利用できる。

 「aim@」は、定期テスト対策、英検対策、季節講習、高校入試模擬問題演習等を搭載した教育機関向け学習プラットフォーム。教材が使い放題になることで、学年や目的が異なる生徒に対して柔軟に対応できるようになり、講師がそれぞれの生徒に合わせてテキストやプリントを準備する手間をかけずに、各生徒の目的に合った教材を準備することができる。

 メイン教材としてだけでなく、問題演習やテスト直前対策、季節講習用、自習用としても利用できる。さらに、マルチデバイス対応教材のため、家庭学習用としての利用も可能。

 搭載コンテンツについて、「定期テスト対策」は英・数・国・理・社の5教科すべてに対応しており、教科書に準拠/対応した定期テストの対策ができる。「英検対策」は、5級から準1級まで対応しており、実際の英検の試験に沿って苦手分野や単語を把握する診断テストを解いたり、大問別対策、頻出英単語の問題演習をしたりできる。

 「季節講習」は、夏期講習であれば1学期の復習、冬期講習であれば2学期の復習、春期講習であれば3学期の復習をすることが可能。また、先取り学習として少し先の範囲の予習もできる。「高校入試模擬問題演習」は、中学1・2年生の内容を中心としており、学習したい教科、都道府県、レベルを選択することで、模擬問題を解くことができる。採点結果に応じて苦手問題が作成されるため、生徒ひとりひとりに適した演習が可能になる。12月には、「高校入試過去問苦手演習」をリリース予定。

 料金は1教室あたり月額1万780円(税込)。ただし、6人以降は生徒1人につき1,078円(税込)がかかる。14日間無料トライアルが利用可能で、問合せは電話またはWebサイトにて受け付けている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top